2017年11月20日

チャドウィックチェリー、栄養としての鉄等、気ままに

・チャドウィックチェリー

チャドウィックチェリートマトはミニトマトです。

この品種を生み出した人の名前を冠しています。

実に対して、へたの部分が大きくはっきりしている感じがします。

生で食べるのもいいみたいですが、加熱調理とか、ジャムにするのいいみたい。

トマトのジャムってなんだか興味をそそります。






・栄養としての鉄

赤血球の中に含まれるヘモグロビンが酸素を運ぶのに鉄が必要なんだとか。

そのため鉄分の不足すると、酸素の運搬量が十分でなくなり、貧血を起こすことになります。

ひじき、海苔、ゴマ、パセリ、アサリ、シジミなどがいいそうです。

鉄分は摂りすぎも問題を起こすそうなので適量を心がけることが大事です。





・術前・術後の写真掲載

病院などのホームページで手術前後の写真の掲載がNGです。

加工した写真があったりで、その見分けがつかないからのようです。

治療の効果を確認するのにも役立つだけに、患者にとっても痛いかも。

なお学会などでの掲載はコマーシャルとは違うので規制されないようです。


何ができるかな?




続きを読む
posted by けんこうK at 04:05| 健康と美容をおしゃべり

2017年11月12日

レモントマト、人体と亜鉛等、気ままに

・レモントマト

見た目が黄色で丸くないので、トマトっぽく見えないかもしれないです。

レモンという名前はその形と色を形容してつけられたようです。

皮や果肉がしっかりしていて、煮物にも向いているんだとか。

サラダの場合には、湯剥きしたほうがいいみたいです。

そのあたりも普通のトマトと違いますね。






・人体と亜鉛

生体では鉄の次に多い必須微量元素といわれています。

欠乏症とともに過剰症もあるので、適量を摂取することが大事です。

サプリの摂りすぎには注意が必要ということです。

とはいえ亜鉛が足りないと、胃腸機能の減衰や、免疫機能低下からの下痢、味覚にも影響があるそうです。





・尿意を数値化

漏らす不安を軽減する技術として、尿意をセンサーで数値化するというものがあるみたい。

ぼうこう内の尿量の計測から数値化した尿意はスマホなどでも確認できるようで、介護の担当の人にも便利かもしれません。

漏らす前だけではなく、漏らした後のお知らせとしても使えるみたいです。



何ができるかな?




続きを読む
posted by けんこうK at 04:07| 健康と美容をおしゃべり

2017年11月03日

サンマルツァーノ、ミネラル等、気ままに

・サンマルツァーノ

イタリアントマト・サンマルツァーノは細長い中玉のトマトです。

生でも食べれますが、加熱したほうがおいしいそうで、トマトソースの材料としてぴったりのようです。

加熱しても煮崩れしにくいそうです。

丸いトマトに見慣れていると、違和感のあるトマトなのでした。





・ミネラル

有機物に含まれる4元素(炭素・水素・窒素・酸素)以外の必須元素とされます。

また糖質、脂質、蛋白質、ビタミンと並ぶ五大栄養素の1つともされます。

体には欠かせないものです。

ただ、足りないのも問題ですが、実は過剰摂取も問題なので、サプリ等を利用するときは正しい知識が必要です。





・手術ロボ

細かい操作でも安全にこなすことが出来るロボットを使っての手術が可能性を広げそうです。

人間の手では届かないところでも可能にできそうです。

また医者がいない遠隔地でも手術の可能性が広がるみたい。

さきがけは米インテュイティブ・サージカルの「ダヴィンチ」です。


何ができるかな?




続きを読む
posted by けんこうK at 04:06| 健康と美容をおしゃべり

2017年10月27日

ミニトマトのカラー、ビタミンU等、気ままに

・ミニトマトのカラー

ミニトマトにもいろいろ種類があるので、いろんな色でカラフルに飾ることができます。

まずは普通の赤がありますし、熟す前の緑というのもあります。

黒トマトといわれる黒っぽいいろもあります。

黄色のミニトマトも最近はよく見かけるのではないでしょうか。

赤と黄色の中間で橙色のトマトもあります。






・ビタミンU

正式にはビタミンではないそうです。

S-メチルメチオニンのことで、キャベツの絞り汁より発見されたため、キャベジンという別名もあります。

耳にしたことがあると思いますが、興和の薬の名前とおなじですね。

胃粘膜の修復を助け、胃腸薬の成分として使われています。

アブラナ科に多く含まれます。





・レッドパール

レッドが名前についていることが示しているように、赤に特徴があるイチゴです。

中まで赤いイチゴです。

愛媛生まれのイチゴなんだとか。

「とよのか」と「アイベリー」の交配でできた品種とのことです。

酸味と甘みのバランスで、どちらかといえば大人に好まれる味だと思います。



何ができるかな?




続きを読む
タグ:ミニトマト
posted by けんこうK at 04:07| 健康と美容をおしゃべり

2017年10月20日

黒トマト、フラボノイド等、気ままに

・黒トマト

せっかくの赤を黒くする意味が分からないですが、赤黒い大粒のミニトマトです。

知らないと変わったのかなと心配になります。

でも食べてみるとジューシーでおいしいそうなので、珍しさをアピールするような形に使えるかも。

ただ、黒いトマトといわないと、食べる人は戸惑ったりするかな。





・フラボノイド

植物に含まれている色素、苦味、辛味成分です。

フラボノイドのうち、クエルセチン、ヘスペリジンなどをあわせてビタミンPと呼ぶこともあるそうです。

でも日本ビタミン学会はビタミンとは認めていないようです。

抗酸化作用が注目されサプリでもよく見かけます。

アントシアニンもフラボノイドの一種です。





・雷峰

主な産地は、宮城県や北海道、山形県、長野県などです。

甘みと酸味のバランスがよいイチゴで、日持ちがいいのも特徴です。

ハウス栽培により一年中収穫されているようです。

洋菓子の加工用として多く用いられるんだとか。

近くのケーキ屋さんのショートケーキにのっているかも。



何ができるかな?




続きを読む
タグ:黒トマト
posted by けんこうK at 04:09| 健康と美容をおしゃべり

2017年10月13日

トマトベリー、ビタミンK等、気ままに

・トマトベリー

トマトベリーは形に特徴を持った3センチくらいの小さなトマトです。

いちごのようなハート形といわれますが、お尻の尖ったトマトといってもいいかも。

高糖度であり、形・味ともにフルーツ感覚で食べられるトマトです。

命名はトマトとストロベリーの掛け合わせのようです。






・ビタミンK

脂溶性ビタミンの一つです。

成人の場合、通常の食事で不足することは少ないそうですが、乳児や新生児で不足することもあるようです。

血液凝固に関係しており、不足すると出血傾向になるそうです。

納豆や、わかめ・ひじきなどの海藻類、パセリ、ホウレンソウなどによく含まれています。





・章姫

品種改良者の名前から「章」がつけられたそうです。

「女峰」と「久能早生」を交配させることでできたそうです。

大きく、細長いのが特徴とのことです。

味は糖度が高く、酸度はすくないそうです。

すごくおいしそうな気がしますね。

暖地での施設栽培に向いているみたいです。


何ができるかな?




続きを読む
posted by けんこうK at 04:07| 健康と美容をおしゃべり

2017年10月05日

キャロルセブン、ビタミンE等、気ままに

・キャロルセブン

直径3センチほどのミニトマトで、甘さで人気のトマトです。

大玉トマトよりリコピンが多いといわれることもあり、また食べやすさからもミニトマトは人気です。

キャロルセブンは身も割れにくく、完熟してからの収穫にも適しているそうです。

甘いトマトはやはり熟した後でしょうね。





・ビタミンE

脂溶性ビタミンの一種で、水には溶けにくいという特徴があります。

そのため、体に残りやすいので過剰摂取はすすめられないんだとか。

つまりサプリを利用するときには注意したいです。

植物油 (コーン、大豆、サフラワー油) や小麦胚芽、種実類などに多く含まれるとのことです。





・女峰

日光市の北側の女峰山にちなんで名づけられたイチゴです。

もともとは九州の「とよのか」に対抗してつくられたんだとか。

甘酸っぱい味が特徴で、糖度が極めて高いのに、酸っぱさも適度にあるのでした。

色も鮮やかで外観もいい特徴から、ショートケーキにもよく使われたんだとか。


何ができるかな?




続きを読む
posted by けんこうK at 04:07| 健康と美容をおしゃべり

2017年09月28日

イエローアイコ、ビタミンD等、気ままに

・イエローアイコ

肉厚でゼリーの少ない長卵型ミニトマトで、名前の通り色が黄色いのも特徴です。

色合いがトマトっぽくないので、トマト嫌いの子供が挑戦するにはいいかも。

味もフルーティーな甘さとのことなので、その点もよさそうですね。

もちろんトマト好きが食べるのにもおいしいトマトです。





・ビタミンD

ビタミンDの生成には日光も関係しています。

必要な食べ物を食べるだけではビタミンDにはなりません。

このあたりが特徴的ですね。

食べ物としては、しらす干しや焼き紅鮭、いわしの缶詰とかサバの水煮缶もいいようです。

欠乏した場合には、くる病や骨粗鬆症などの病気があるようです。






・とよのか

主に西日本で人気のあったイチゴです。

1980年代から1990年代後期に、酸味が少なく大粒で甘いことで人気でした。

「ひみこ」に「はるのか」を交配してつくられたそうで、品種登録は1984年のことです。

のちに、「あまおう」の登場で存在感はうすくなっていきました。


何ができるかな?




続きを読む
posted by けんこうK at 04:07| 健康と美容をおしゃべり

2017年09月20日

アイコ、ビタミンC 等、気ままに

・アイコ

ミニトマトのアイコは長卵型でお尻がとがった形のトマトです。

果肉が厚く日持ちもいい層で、赤熟後の収穫ができるそうです。

ものによっては、ミディトマトくらいの大きさのものあるようです。

サラダなどに生でもいいですが、加熱してソースにするのもいいみたい。

実つきがよくたくさんとれるんだそうです。





・ビタミンC

アスコルビン酸とも呼ばれ、そのL体を指します。

体内で合成できないため、必要量をすべて食事などから摂取する必要があります。

ところで、酸味の強い果物ほどビタミンCが豊富なイメージがありますね。

でも実は酸味の多くはクエン酸によるものなんだとか。

とんだ誤解ですね。





・イチゴ

フルーツとして誰もが知るイチゴです。

でも区分でいえば野菜のようです。

ショートケーキやタルトの装飾でもお馴染みです。

いちご大福もありますし、スイーツとの相性もばっちりです。

いちごジャムも定番ですね。

かき氷のシロップなどにもイチゴ味は定番ですが、こちらはイチゴの果汁は入ってなかったりするみたい。


何ができるかな?




続きを読む
タグ:アイコ
posted by けんこうK at 04:08| 健康と美容をおしゃべり

2017年09月13日

ルネッサンストマト、ビオチン等、気ままに

・ルネッサンストマト

このトマトの誕生の地は、奥三河名倉高原なんだそうです。

形的にはお尻がピンととがっている特徴があります。

150g前後の小ぶりなトマトで、高糖度フルーツトマトとしても知られる一方で、自然栽培のものもあります。

果皮が柔らかく果肉はややしっかりとしているそうです。





・ビオチン

ビタミンB7とも呼ばれ、欠乏症を起こすことがまれのため、あまり耳にしないビタミンB群の一つです。

熱、光、酸に対し安定ですが、アルカリに対しては不安定なようです。

ビタミンHと呼ばれていた時もあったそうです。

酵母、レバー、豆類、卵黄などに多く含まれるのでした。





・カイワレダイコン

発芽直後の胚軸と子葉を食用とする野菜のひとつです。

大根のスプラウト食材です。

大根といえば大きい野菜ですが、かいわれ大根は小さいですね。

生のまま食べられ、サラダやどんぶりの彩りに用いられます。

よく目にする野菜の一つです。

栄養的にもすごく優れているそうです。


何ができるかな?




続きを読む
posted by けんこうK at 04:14| 健康と美容をおしゃべり