2018年02月18日

フィオレンティーノ 、アミノ酸等、気ままに

・フィオレンティーノ

イタリアントマト・フィオレンティーノは形が独特な大玉トマトです。

名前の通りイタリアのトマトです。

縦割れがすごく、カボチャみたいというか、カボチャ以上の凸凹です。

色は赤く、輪切りにするとトマトっぽい見た目です。

細目にスライスしてサラダに使うと見た目もインパクトがあって面白そう。





・アミノ酸

体内で合成できないアミノ酸で、特に必要となるアミノ酸を必須アミノ酸といいます。

アミノ酸はタンパク質を構成するものです。

動物によって必須アミノ酸は異なり、人の場合は9種類あるそうです。

また体内での合成量が不足しやすい、準必須アミノ酸と呼ばれるアミノ酸もあります。






・アスカルビー

「アスカウェイブ」と「女峰」を交配してできたイチゴです。

2000年に品種登録されました。

奈良県生まれということで「アスカ」という名前がついています。

「ルビー」はその見た目の艶のある赤を指すようです。

強い甘みと酸味がバランスしたおいしいイチゴだそうです。


何ができるかな?



続きを読む
posted by けんこうK at 03:11| 健康と美容をおしゃべり

2018年02月13日

スペックルドロマン、栄養素としてのリン等、気ままに

・スペックルドロマン

縦長のトマトで、赤やオレンジ、黄色がまだらになった色合いです。

一見ではトマトと分からないかもしれません。

形はそれぞれ個体差があり、不思議な感じですが、へたはトマトっぽいのでした。

エンシャン・ノベルとバナナ・レッグスの交配で生まれた品種なんだそうです。





・栄養素としてのリン

リンも人体には欠かせない必須の栄養素なんだそうです。

人体だけじゃなく、あらゆる生物にとっても必須なんだそうです。

脊椎動物ではリン酸カルシウムが骨格の主要構成要素となっているそうです。

生体エネルギー代謝にも欠かせない存在なんだそうです。

昔はマッチの頭に使われていたとのことでなじみがあったけど、今はあまり見なくなりました。






・とちおとめ

栃木のイチゴです。

もともと人気だった「とよのか」「女峰」や「栃の峰」から作られました。

粒が大きく、色は鮮やかな赤、そして味は甘く、そして日持ちも良いことが特徴です。

本場、栃木のイチゴだけに素晴らしい特徴ですね。

流通しているので、あちこちで目にするイチゴなのでした。



何ができるかな?



続きを読む
posted by けんこうK at 03:06| 健康と美容をおしゃべり

2018年02月08日

イタリアンレッドペアー、ヨウ素と人体等、気ままに

・イタリアンレッドペアー

北イタリアでは昔から栽培されている品種のトマトなんだそうです。

洋ナシのような形になったりするので、一見トマトっぽくないものも。

色は熟すと赤くなり、表面に刻まれる溝のおかげでごつごつした感じです。

スライスして焼いたり、ピザのトッピングにしてもおいしいそうです。






・ヨウ素と人体

体内で甲状腺ホルモンを合成するのに必要となるのがヨウ素です。

海藻類はヨウ素を海水から濃縮するそうで、だから海藻類にはヨウ素が豊富なんですね。

アメリカやスイス、カナダ、中国などでは食塩にヨウ素の添加を義務付けているそうです。

でも海藻などが多い食生活を送る日本人では不足することは少ないそうです。





・越後姫

「ベルルージュ」「女峰」「とよのか」の交配で生まれたイチゴです。

名前が示す通り、新潟のブランドのイチゴです。

果肉がやわらかなため、輸送に適しておらず、大半が県内で消費されるそうです。

糖度が高く、見た目も美しいというのが特徴です。

新潟土産にいいかも。



何ができるかな?



続きを読む
posted by けんこうK at 03:12| 健康と美容をおしゃべり

2018年02月01日

レッドゼブラトマト、モリブデンと人等、気ままに

・レッドゼブラトマト

赤地にオレンジ色の縞がはいる外観のトマトです。

知らないと悪くなっているのかなと心配しそうです。

甘酸っぱい中玉トマトで、その色合いを使ったトッピングにいいかも。

すごく目を引く色合いですからインパクトはありそうです。

育て方は普通のトマトと変わらないみたいです。





・モリブデンと人

モリブデンと聞くと工業素材というイメージだと思いましたが、必須栄養素のひとつです。

そして意外とあちこちに必要とされるみたい。

体重1kgあたり約0.1mgくらいなんだそうで、骨、皮膚、肝臓、腎臓に多く分布するそうです。

レバーや豆類に多く、通常は欠乏にはならないそうです。

過剰摂取もNGなので、サプリには注意です。






・あかねっ娘

愛知県で生まれたイチゴです。

アイベリー、宝交早生、とよのかから作られました。

出願時の名称は「愛知2号」だそうです。

この品種は徳島県での商品が有名で、「ももいちご」という名前でブランド化されています。

こちらの名前の方が「あかねっ娘」より有名かもしれないです。



何ができるかな?



続きを読む
posted by けんこうK at 03:06| 健康と美容をおしゃべり

2018年01月25日

グリーンゼブラトマト、コバルトと人体等、気ままに

・グリーンゼブラトマト

完熟しても緑色のトマトです。

緑地に黄色の縞がはいる外観です。

見た目はトマトとはかけ離れていますが、包丁でカットしてみるとしっかりトマトなのでした。

料理のトッピングで、アクセントをつけるのに重宝しそうです。

大きさはミディトマトと同じくらいですが、桃太郎よりは小さいです。






・コバルトと人体

意外に思うのですが、コバルトも人体に必須の栄養素です。

ビタミンB12(コバラミン)が分子の中心にコバルトを持つんだとか。

コバルトというと工業用としかイメージしにくいかもしれないですね。

また医療分野での放射線療法、ガンマ線滅菌でも放射性同位体のコバルト60が使われています。





・アスカウェイブ

1994年につくられたイチゴです。

奈良県農業試験場にて「久留米促成 3号」「宝交早生」「ダナー」「神戸1号」の交配でできました。

特徴は赤みが強い外観と、甘みと酸味のバランスです。

登場後、奈良県の主力品種でしたが、アスカルビーの登場でその地位をとって代わられました。



何ができるかな?



続きを読む
posted by けんこうK at 04:07| 健康と美容をおしゃべり

2018年01月19日

桃太郎ゴールド、ナトリウム等、気ままに

・桃太郎ゴールド

桃太郎トマトのオレンジ色版です。

表面だけではなく、中もオレンジ色です。

大きさや形は桃太郎トマトのままなので、一緒に並べてトッピングするのも素敵かも。

色合いが色合いだけに、ひっくり返してヘタを隠すと、柿に見えなくもないです。

シス型リコピンが豊富なんだとか。





・ナトリウム

人体に必要な栄養の一つです。

塩化ナトリウムとしても知られます。

いわゆる塩ですね。

塩としては目にする機会が多いものの、純粋なナトリウムは銀白色と見慣れないです。

塩分は不可欠である一方で、摂りすぎは高血圧などの原因となり、健康への影響がよく言われています。






・ARでダイエット

AR(拡張現実)で食べたつもりにして、ダイエットに役立てる研究があります。

VR(仮想現実)も組合わせるようです。

視覚と嗅覚を刺激して、味覚をだまそうとする形ですね。

でもそれで食べなくても食べたつもりになれるなら、ムリもなくダイエットができそうですね。


何ができるかな?



続きを読む
posted by けんこうK at 04:07| 健康と美容をおしゃべり

2018年01月12日

マイクロトマト、カリウム等、気ままに

・マイクロトマト

超小さいトマトです。

完熟しても1センチほどという小ささに、ついつい見てしまうトマトです。

赤とオレンジ色のものがあるようです。

発祥は愛知県なんだとか。

小さいながらも味はしっかりトマトだそうで、気分を変えるトッピングに面白そうです。

こったミニチュアメニューをつくるのも楽しいかも。






・カリウム

カリウムは人体に不可欠なミネラルの一つです。

脳および神経などにおけるニューロンの情報伝達に重要な役割を果たしているといわれます。

いろんな食品に含まれているそうで、健康的な生活をしていれば、不足することはまずないそうです。

それでもパセリや木の実なんかが多く含まれていることで有名ですね。





・無料のHIV検査

エイズウイルス検査は保健所で無料で受けることができます。

ところが、土日の検査日が少ないため、不便というのが課題になっているようです。

厚労省はこの検査をもっと広めるために、2018年からは検診でも受けられるモデル事業をスタート。

結果通知はプライバシーにも配慮してます。



何ができるかな?



続きを読む
posted by けんこうK at 04:06| 健康と美容をおしゃべり

2018年01月04日

プチぷよ、カルシウム等、気ままに

・プチぷよ

つやぷるんという名前で目にすることもかるかも。

品種名はプチぷよですが、つやぷるんという商品名のほうが知られているようです。

小さなトマトで、甘さと皮の薄さが特徴のようです。

つやつやなのも皮の薄いことが関係しているのかな。

甘いだけのミニトマトではないみたいです。





・カルシウム

カルシウムといえば骨に欠かせないというイメージが一般的です。

人に限らず動物に必須のミネラルです。

カルシウムは便や尿として体外に排泄されるため毎日摂取することが大事です。

サプリでもよく見かけますが、過剰摂取も問題を引き起こすので、適量であることが大事です。






・γ-GDP

アルコールの摂り過ぎがこの数値に出てきます。

健康診断の中でも気にしている人は多いでしょう。

あまりに高いと肝硬変なども肝臓の病気が疑われます。

ある程度の低い数字なら、節酒や禁酒で回復も見込めるのでした。

肝臓をチェックするにはGOTやGPTも重要な指標のようです。


何ができるかな?



続きを読む
タグ:プチぷよ
posted by けんこうK at 04:06| 健康と美容をおしゃべり

2017年12月25日

チェリースノーボール、マグネシウム等、気ままに

・チェリースノーボール

白いミニトマトと呼ばれていますが、多少黄色っぽいです。

でも黄色いミニトマトに比べてみると、白っぽさが感じられます。

名前だけからではトマトをイメージできないですね。

生のままサラダにするのがいいみたいです。

他のミニトマトと並べると視覚的にも楽しいです。






・マグネシウム

リボソームの構造維持やタンパク質の合成、エネルギー代謝などに関わる必須の栄養素の一つです。

不足すると虚血性心疾患などの原因の一つといわれているようです。

最近では、ミネラル成分のひとつとしてサプリメントや清涼飲料水などに添加されることもあるようです。





・ME-BYO

「未病」から作られた言葉です。

平成26年から神奈川県が、商標登録たうえで活動しています。

来る超高齢化社会を背景に、健康寿命社会を目指す取り組みです。

健康じゃないと、長生きしても楽しくないですからね。

サミットや、国際シンポジウムなどを開催しています。


何ができるかな?



続きを読む
posted by けんこうK at 04:07| 健康と美容をおしゃべり

2017年12月17日

イエローグレープ、セレンと人体等、気ままに

・イエローグレープ

ミニトマトの一つで、色は黄色、形はプラム型です。

固定種とのことなので、自分で種を取って育てると、次の年も同じものがなるそうです。

サラダに添えると見た目も鮮やかになりそうです。

味的にも、見た目的にも、フルーツ感覚で食べられると喜ばれてるみたいです。





・セレンと人体

セレンも人体に必要な栄養素の一つです。

でも普通は摂取量が不足することはないそうで、しかも摂りすぎも問題なので、あまり意識することもないです。

ちなみに植物性のものに含まれるセレン含量は、土壌中のセレン含量に左右されるそうです。

そのためセレンが少ない土地では欠乏症が見られることもあるそうです。





・ピンクリボン

10月1日になるとピンクのライトアップが各地で行われたりします。

これは、ピンクリボンデーのキャンペーンです。

乳がん検診の早期受信を推進したりするための運動です。

日本の場合、欧米に比べて乳がんの検診の受診率が低いそうです。

ちなみに10月はピンクリボン月間です。


何ができるかな?



続きを読む
posted by けんこうK at 04:09| 健康と美容をおしゃべり